FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小僧出没中

eri_20110306223023.jpg

そんな顔してもダメだからね#




それは2日前の夜のこと。
せっせとブログの更新に勤しんで、やっと書き上げてUPする前のチェックをしていると
ドタダダダダァ~ っと、私の目の前を何かが走り抜けた。

その途端、PCの画面が     落ちた・・・。

走り抜けたのは、夜の大運動会の最中だったエリとジジ。
ノートPCの宿命とも言うべきなのか、ご丁寧に電源ボタンまでもがそこにある。
ありとあらゆるキーを踏みまくられ、何が何だか解らないまま ・・・落ちた。
そして私の更新も幻となった。。。orz

さぁ、今日は気を取り直してがんばるぞっ!! とは言っても同じものはもう書けないんだけど・・・。



では、我が家に最近よく出没する小僧の話。
それは、【 言い訳小僧 】 に 【 能書き小僧 】

何かをしている時に 「こうした方がいいよ」 という忠告を無視して失敗してしまった時。

「おれは〇〇しようとしたんじゃなくて、最初から△△しようと思ってんで」 ← 言い訳小僧


「これは〇〇やんなぁ?」 なんて質問をすると、必ず言い方が違うだけで同じ意味の言葉を返す。

「それは〇〇じゃなくて、△△やでぇ」 ← 能書き小僧 


こう言うやり取りが最近ほんとに多いんです。 マジでむかつきます。
だから 「なんでそんなに言い訳ばっかりするの?」って、聞いてみました。

「うぅ~ん、言い訳してな 『あぁー そうか』 って、ニコってしてほしいねん」

言ってることは可愛いんだけど、なんか違うよね。
何でも、言い訳や否定ばっかりされてたらすごくイヤな気持ちになるよ。
素直に話をした方が、みんなニコってなると思うけどなぁ。

「・・・わかった」

うん~にゃ 解ってない!
きっとしばらくの間、この小僧は出没すると思われる。

どう対応していこうかとアレコレ考えているうちに、ふと思った。

コレが 【 9歳の壁 】 と言うヤツですかぁ?( ̄◇ ̄;)

9歳の壁は、決して学習面だけのことじゃないんですよね。
この時期、心も成長してギャングエイジと言われるお年頃になる。いわゆる反抗期ってヤツですね。

自分を大きく見せたがったり、親よりも友達との関係が深くなってくる。
そして、大人への階段をひとつ登るのです。 ・・・が。
発達障害の子供たちは、この壁を乗り越えるのがとても難しいと言われています。
成長する心と、成長しきれない心のアンバランスさが、他の子供達との差を生むのでしょうね。

ルカもそんな時期に差し掛かってきているのかもしれません。
成長の兆しが見えることは喜ばしい事なのですが、とても困難な壁でもあります。
だからこそ、良いところを沢山見つけて褒めてあげたいですね。 いっぱい認めてあげたいです。

しばらくはゆったりした気持ちで、この小僧と付き合って行こう。
確かにむかつくんだけど、小僧のことを少し認めてやろう。
もちろん、こちらが感じる気持ちも伝えながら。

仮にこの壁が超えられなくても、自分を大切にできる人に成長してくれたら、それが一番です。
自分を大切に出来る人は、きっと他の人にも優しくなれるから。


web拍手 by FC2

| RUKA | 22:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

9歳の壁を乗り越えたら、そこには10歳の壁が待っているのであります。
で、うちはただ今13歳の壁にぶち当たる寸前でございます。

一生壁にぶち当たってろ!って感じです(^_^;)

| けんまま | 2011/03/06 23:31 | URL |

けんままさんへ

>一生壁にぶち当たってろ!

いかにもけんままらしくて笑っちゃいましたよww

13歳でも壁があるのかぁ・・・。
でも、この子らにとっては人生壁だらけなんやろね。(^_^;)
その度に荒れるのはご勘弁やけど、まぁ、ゆっくりと乗り越えて行けばいいかなって思っております。

| HANA | 2011/03/06 23:32 | URL |













非公開コメント

http://kimisora02.blog15.fc2.com/tb.php/219-b3a74f80

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。