PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

滋賀大キッズカレッジ





今日は、LD(学習障碍)の学習教室の日。

朝からあまり乗り気でないルカを、なんやかんやと納得させて連れて行く。
子供達は教室に、親は別室で今の状況について先生とお話。

始めの15分くらいは、大人しく勉強していたルカが
教室から出てきてウロウロしだした。
そんなルカを、気分転換に近くの公園に連れ出してくださった。

5分程で戻っては来たけど
結局最後まで、やる気なし&ウロウロを繰り返し 終了。。。

5組ほどの参加で、教室から出てきたのはルカだけ・・・。
先生と話てても気が気じゃない。

はぁぁ やっぱりダメかぁ(×_×;)
少しずつでも慣れてくれるんだろうか?
前途多難のきざし。。。。


あまり多動がひどいので、写真のように2対1
先生が2人も付いて下さってるんだぞ!!
もうちょっと何とかならんのかい。(▼▼メ)


終わってから、先生が一言

「5年はかかるなぁ」

先生! 5年で何とかなるんなら全然OKです!!
今すぐどうにかなる状態じゃないのは、私が一番解ってますから。

月に一度の学習教室、さてさてどうなることやら・・・(^_^;)


web拍手 by FC2

| RUKA | 13:24 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

No title

笑うわ!
ルカええ味出してるんちゃうの!!

5年かかってもええやん。
というか、5年でええの?って聞き返してしまうわ。

私は、先生の「5年はかかるわ・・・」の言葉を、なんだか嬉しくとらえてしまいましたよ。
逆に考えれば、見込みあるってことやもんね!!
ヤッタぜ、ルカ!
5年かかってがんばろう。

| けんまま | 2009/06/13 15:55 | URL | ≫ EDIT

No title

ほんまに5年で何とかなるんかなぁ(笑)

まぁ、とりあえず頑張り過ぎずに頑張ります!
また、来月UPするからお楽しみに^^

| fivemoon_zz | 2009/06/14 22:37 | URL | ≫ EDIT

No title

五年でいいんならルカ頑張れ?

ゆうすけの現状を再確認できた日やったわ↓

なんとひらがなすべてOKでカタカナに勉強が変わったはずが宿題でひらがなを書かないといけなくて「あ」と「せ」がわからず「だ」と「ら」を間違っていた↓

| ゆうすけママ | 2009/06/14 22:56 | URL | ≫ EDIT

No title

ひらがなって難しいと思うよ^^
似たような字もあるし、「だ」と「ら」とかって発音が似てるやん。
時間をかけてゆっくりでいいん違うかな。
書いたり、読んだりしてるうちに
その辺は定着してくるかも(〃'▽'〃)

| fivemoon_zz | 2009/06/15 10:55 | URL | ≫ EDIT

終わってから、先生が一言「5年はかかるなぁ」っての話ですが、申しわけありませんが、そのように言われた先生の科学的根拠はあるとは思えません。滋賀大キッズカレッジの先生方が書かれた論文などおおかた読みましたが、読み書きに習した先生方ではないと思いました。子どもたちの課題は差異があると論文では書かれているのに5年と簡単に言われる先生の信憑性を疑います。大学・専門の権威にとらわれず、医療と同じでセカンドオピニオンを、とあえて書かせていただきます。あえてお子さんのために。
滋賀大キッズカレッジの先生方は、断定されることが多いからです。子どもさんの状況によって、取り組みによって状況は変わります。教育をすすめているからなおさらそう思います。ご意見に反するかも知れませんが、あえて書かせていただきます。

| 京都の教師 | 2012/06/22 01:59 | URL | ≫ EDIT

京都の教師様

初めまして。コメントありがとうございます。
親身になって考えて頂きとても嬉しいです。

学習するということに拒絶反応がひどく、結局キッズカレッジには4回ほどしか通えませんでした。
あの頃は、どんな事でも試してみようと躍起になっていたのかもしれません。今は、お互いにのんびりとやっています。
ルカ自信が学びたいと思う時期が来るまで、じっくりと待つことも大切なのかなぁと思っています。
貴重なご意見ありがとうございました。

| HANA | 2012/06/24 15:24 | URL |

参考になれば

故田中昌人氏の1960年代以前から実証を重ね1960年代初頭に発表した、

「障害のタイプによって発達のすじみちがちがうのではない。どのような障害であっても人間としての共通の発達のすじみちを通って自己を実現していく。このすじみちは偉大な学者といえどもとびこすことはできない。
 別のすじみちを通ることもない。
どんな障害をもっている人でもこのすじみちの中にある。
あなたも障害児の発達のすじみちを通ってきたのである。
ここで大切なことは人間はすべて同じ道を通っているのだということである。
つぎに大切なことは、同じ道を通るのだが、その人あるいはその人をめぐる諸条件によって、人間はだれしも、その道のどこかの曲がり角などで一休みしたり、もつれてとどまったりするのだということである


「教育と労働安全衛生と福祉の事実」をお読みください。
**********************************
http://kyoikkagaku.blogspot.com/
**************************************
それ以前の「教育と労働安全衛生と福祉の事実」。途中で作成できなくなりましたので。
よければ併せてご覧ください。
または、
**********************
http://blogs.yahoo.co.jp/rouanken
*********************

| 京都の教師 | 2012/06/26 11:54 | URL |

京都の教師様

ありがとうございます。

『人間はだれしも、その道のどこかの曲がり角などで一休みしたり、もつれてとどまったりするのだということである』

少し気持ちが楽になります。
今また、不登校で学校に行けない日が続いています。
ゆっくり構えているつもりでも、イライラしたり焦ったりすることもありますが、これからも見守り続けていこうと思います。
本当にありがとうございました。

| HANA | 2012/06/29 23:25 | URL |













非公開コメント

http://kimisora02.blog15.fc2.com/tb.php/16-6a94adac

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。